プラス肩こり

頭痛薬

頭痛薬

肩こりが酷くなってくると、「あ、頭が痛くなりそう…」という雰囲気を感じることがありませんか? 緊張型頭痛、偏頭痛、慢性頭痛など頭痛の原因は、肩こりの症状とも深い関わりがあるんです。でも、頭痛薬を飲んで症状に効く人もいますが、全く効かないという人もいますよね。肩こりの症状改善にも効果的な鎮痛薬は、正しい使い方や自分に適した有効成分を知っておくことが大切なんですよ。


肩こりと鎮痛剤

メリット

肩こりからくる頭痛でも、その症状や原因によって痛みの感じ方が違ってきます。あまり痛みや張りが強い場合には、頭痛ようの鎮痛剤や漢方薬などを使用すると症状の改善に効果的です。特に慢性痛になってしまったコリや張りなどは、痛みの信号が過剰に発信され症状の悪循環が起こっています。ペインクリニックなどの病院では、この悪循環を断ち切るために鎮痛剤を使って一時的に痛みの悪循環を断ち切る治療方法が行われています。

デメリット

くすりは上手に使うと肩こりに伴う様々な症状の改善に効果的ですが、鎮痛作用のあるクスリを多用すると反対に薬物乱用頭痛を引き起こす事もあるので注意しましょう。市販の薬は、病院で処方されるものより成分が少なく配合されているものが多いのですが、処方箋がなくても手軽に購入できてしまいますよね。そのため、決められた用法通りに使用しなかったり、的外れな成分のものを使い続けてしまうということもあります。

上手な選び方

自分で探す

自分にあった薬を選ぶためには、有効成分が1種類だけ使われているものを使うのがお勧めです。市販の鎮痛頭痛やくには、複数の痛みに対応する痛み止め止めの成分、消炎効果のある成分、解熱作用の成分などが色々と組み合わされているものが多くあります。市販の頭痛薬でも、人によって効きやすい・効きにくいなどの差があるのは、有効成分の種類や分量などが違っているせいでもあります。そのため、1種類ずつ試して、自分にあった成分が必要量含まれているものを探すのがポイントです。

専門家に効く

肩こりからくる頭痛の「痛み」といっても原因や症状は様々ですよね。そのため、自分ではココが原因だと思っていても実際の原因は違うところにある場合もあります。市販の頭痛薬を試しても痛みが和らがない、とか他の症状が出る、といった場合には、痛みの専門家であるペインクリニックや麻酔科の医師に処方してもらう方が良いでしょう。効かないと感じて勝手に量を増やして飲んだり、同じクスリを長期間のみ続けていると依存症になってしまう場合もあります。

市販薬の成分と特徴

アスピリン

非ピリン系と表示されているアセチルサリチル酸が含まれている鎮痛剤で、解熱・鎮痛・消炎効果があるためカゼ薬としても販売されています。バファリンなどが代表的ですよね。シクロオキシゲナーゼの活動を抑えてプロスタグランジンと呼ばれる痛みの原因物質が生成されるのを抑制するタイプです。海外などでも広く市販されているものですが、胃腸障害とまれに肝臓・腎臓への影響があるので胃腸が弱い人は避けた方が良いでしょう。


イブプロフェン

アスピリンと同じく、シクロオキシゲナーゼの活動を抑えてプロスタグランジンの生成を抑えるタイプの頭痛薬でイブやナロンエースが代表的なものです。アスピリンより抑制効果が高く、胃腸などへの影響が少ないのが特徴で、非ピリン系ではなく非ステロイド抗炎症系と表示されています。


イソプロピルアンチピリン

ピリン系と呼ばれているもので、ブラジキニンと呼ばれる痛みの原因物質が増えるのを抑制します。筋肉や関節の痛みの緩和にも効果的ですが、一種類だけで服用するより組み合わせると効果的なほかのものと併用するとより鎮痛効果が期待できます。市販されている場合には、カフェインと一緒に配合されていることが多いようです。


アセトアミノフェン

脳内の痛みを感じる部分に直接働きかける仕組みになっているので、痛みを緩和することに効果的ですが、痛みの原因物質を抑制したり、痛みの原因となっている部分に効果があるものではありません。他の薬に比べると胃腸などへの影響や副作用が少なく効き目が穏やかなので、妊娠中の頭痛にも処方されることがあるようです。